MENU


田中 大翔

ドイツ バイエルン研修

サッカー トレーナー

田中 大翔

たなか ひろと


ーなぜ海外に挑戦したんですか?

自分が今までやってきたことが海外でどれだけ通じるのか知りたかった。また、日本の選手が抱える悩みや疑問を解決するために世界レベルを知りたかった。

 

ー海外でどんなことをされたんですか?

 

ドイツの6部のチームの選手に施術をしたり、1部のバイエルンミュンヘンというクラブの育成方法やユース年代の練習を視察しました。

 

 

 

 

ー海外に行って1番感じたことは?

 

技術以前にコミュニケーションの課題を感じた。相手の言っていることがわからないと何も始まらない、自分の言いたいことを伝えることができないと何もできないと強く感じた。

 

 

ー海外経験で良かったことはなんですか?

 

海外から見た自分の実力がわかったこと。海外で活躍するためにやらなければいけないことをこの時期に知れてよかった。

 

ーこれから海外経験を考えている人たちに向けて、アドバイスを教えて下さい。

 

自分もしっかりと準備していったはずでしたが、できなかったことがあった。何が起こるかわからない環境で、臨機応変に対応していけるように常にいろんな状況を想像して準備して行動してほしいと思います。

 

 

 

・プロフィール
田中大翔
現在、大学2回生で柔道整復の勉強しています。
活動としては母校のサッカー部のトレーナーなど、サッカーを中心に活動させてもらってます。


ジャパンスポーツハブは
スポーツに関する情報・人脈・チャンスを
あなたに繋げます。

スポーツの若い人達を応援したいけど、どこに寄付したらいいのか、
凄い若い子はどんな人がいるのか?どこにいったら会えるのか?
様々なスポーツの情報・人脈・チャンスなどを提供しているコンテンツです。

ウェブバナー みんなの輝き、つなげていこう。 Unity in Diversity 東京2020組織委員会