MENU


曽我部 雄基

アメリカトレーナー研修

野球

曽我部 雄基

そがべ なおき


ーなぜ海外に挑戦したんですか?

まず1つ理由としては海外の文化に触れるためです。今まで日本の文化にしか触れたことがなく今後トレーナーも世界に出て行く時代で海外を全く知らないというのはとても今後不利になってくると思ったからです。後海外のスポーツや施設に対する基準や日本との違いを感じたいと思ったので行くことにしました。

 

 

 

ー海外でどんなことをされたんですか?

 

一般的なジムからプロ選手が通うようなジムPTから栄養士、トレーナーなどが1つの場所に集まった施設、大学の施設、メジャーリーグのチームの施設を見学したり、そこにいる方々に色々とお話しを聞かせていただきました。

 

 

ー海外に行って1番感じたことは?

 

まず思ったのは行ってみないと分からないなということです。画像、動画では伝わりきれない現地の空気感があったことです。本当にこれは行ってみないと分からないし、日本と違う空気感を感じるのはとても重要なことだと感じました。あと、トレーナーから栄養士が1つの施設に集まってるジムがあるように、1つの場所であらゆることができる施設が当たり前にある現実を知れたこと。海外の人の日本人に対してのイメージをきけたことです。

 

 

 

 

ー海外経験で良かったことはなんですか?

 

まず異文化に触れることができたことです。こういう機会をいただかないとなかなか体験することはできないと思うので異文化を感じることができたのはよかったです。あと、MLBで働いてる日本の方と直接話すことができたことです。普段ならそんなほとんどないですし自分が今疑問に思っていることをしっかり質問ができることはほとんどないのでそれができたことです。現地にいる日本の方とお話しできたことも良かったです。なぜ海外に行ったのか、海外の生活適用にどういったことをしたのかなど実体験などを聞けたのは良かったです。

 

 

ーこれから海外経験を考えている人たちに向けて、アドバイスを教えて下さい。

 

まずは海外に行って何を得て帰りたいかを明確にすることです。
僕は海外の文化にふれる、日本との違いを感じたいと考えて、研修中行動しました。事前に目的を持っていないとただの旅行になってしまうので、それはもったいないのでまず行く前にしっかり目的を明確にしておくことは大切だと思います。後は積極的に話をききにいけるかだと思います。こっちが話を聞いていかないと向こうの人も全然話してくれないとしっかり事前に聞きたいことを考えたり話をしっかり聞いた中で浮かんだ疑問点をすぐ聞いたり、積極的に行けばいくほど、充実したものになっていくとおもうので、積極性を持って行って欲しいと思いますし、それを可能にするためにも事前の準備をしっかりして行って欲しいと思います。

 

 

 

 

・プロフィール

曽我部雄基
1997年12月生まれ
大和大学理学療法学専攻3回生
野球にずっと携わっていきたいという思いを持ち続け高校の時にトレーナーというものを見つけ、現在はトレーナーとしてプロ野球球団に入れるように行動しています。


ジャパンスポーツハブは
スポーツに関する情報・人脈・チャンスを
あなたに繋げます。

スポーツの若い人達を応援したいけど、どこに寄付したらいいのか、
凄い若い子はどんな人がいるのか?どこにいったら会えるのか?
様々なスポーツの情報・人脈・チャンスなどを提供しているコンテンツです。

ウェブバナー みんなの輝き、つなげていこう。 Unity in Diversity 東京2020組織委員会