MENU


大石匠也

スペイサッカー研修

トレーナー サッカー

大石匠也

おおいし しょうや


海外経歴
 

スペイン

 

ーなぜ海外に挑戦したんですか?

 

私は将来、既存のプロチームでアスレティックトレーナーとしてプロサッカー選手を見ていきたいと思っており、また、海外で働きたいと考えております。海外で働く上でどういうトレーナーが必要とされているのか。日本が優れていることとスペインが優れていること、反対に劣っているものとは何なのか。スペイン人と日本人の体格差はどうなっているのか。さらにトレーナーとしてのコーチ陣や選手との関わり方、スペインの各クラブの環境はどうなっているのか。これらを明確にして、これからのビジョンをより明確にするための材料にし、これから勉強する内容をよりはっきりしておきたいと思ったからです。

 

 

 

 

ー海外でどんなことをされたんですか?

 

この研修先で最も勉強になったことは、傷害に対するアプローチは日本とあまり変わりませんが、自分がこれから武器にしようとしていることがスペインで求められつつあるということです。実際にトレーナー現場にも生かせていただきましたが、傷害に対する処置やアプローチが本当に適切で、治すための最速の方法であるのかは疑問に思う点が何個かありました。その点で自分がこれから狙えるスキマはあるのではないかと思いました。

 

 

 


 

 

ー海外に行って1番感じたことは?

 

何よりも実績第一であるという点です。日本やアメリカでは、エビデンスを重視しますが、スペインではそのトレーナーのスキルなどを見る前に結果や実績を重視してクライアントは診せにきます。しかし、せっかく店に来てくれたにもかかわらず結果が残せなければ見放されます。ここにおいてはどの国も同じですが、結果や実績の重視の度合いには少し驚きました。

 

 

ー海外経験で良かったことはなんですか?

 

スペインのサッカー現場や町中の雰囲気、スペイン人の性格、スペインの医療事情、チームスタッフとの関わり方などを知ることができ、自分がもしスペインで働くことになったときのイメージができるようになったことです。どんなに海外で働くための準備をしたとしても、一度現場をこの眼で見ておかなければ、その情報が合っているのかはわかりませんし、予想外のことに対応しづらくなります。その点でとても良かったと思います。

 

 


 

 

ーこれから海外経験を考えている人たちに向けて、アドバイスを教えて下さい。

 

私は今回のスペイン研修は、自分のビジョンをより明確にするためにすることが一番の目的でした。しかし、それはビジョンを実現するための情報を調べ尽くし、準備してこそです。準備してきた分以上に多くのことを現地で得ることができました。しかし、私は研修前日まで自分のできること全てを準備してきたつもりでしたが、それでも研修期間中に自分の準備不足だと感じることが何回かありました。もしかしたら今回の成果以上のことが得られたかも知れないのです。その点で、何か特別な研修があるからそれに向けて準備をするのではなく、日頃から調べて自分の現地に行かないとわからないことを明確にしておくべきであると思います。

 

 


 

 
大石匠也(おおいししょうや)
1997年10月22日生。帝京大学医療技術学部スポーツ医療学科在学中。
小学校一年からサッカーを始め、高校3年生まで続けた後に引退。
自身が小学生の頃から右足関節だけで7回もの外傷を負うなどの怪我が多く、身の周りでも怪我のせいで思うようにサッカーができなかった選手を多く見てきたことから、高校時代にアスレティックトレーナーを志すようになる。大学では1年生の後期の頃に本格的にトレーナー活動を始め、主に高校のサッカー部などでサポートをしている。
8月にレアル・マドリードのファンデーションキャンプに帯同。


ジャパンスポーツハブは
スポーツに関する情報・人脈・チャンスを
あなたに繋げます。

スポーツの若い人達を応援したいけど、どこに寄付したらいいのか、
凄い若い子はどんな人がいるのか?どこにいったら会えるのか?
様々なスポーツの情報・人脈・チャンスなどを提供しているコンテンツです。