MENU


秤谷名鷹

スペイサッカー研修

トレーナー サッカー

秤谷名鷹

はかりや なだか


海外経歴

スペイン

 

ーなぜ海外に挑戦したんですか?

 

サッカー界において、スペインリーグは世界のトップレベルの選手が集まる場所です。世界のトップの環境を知り、日本との差は何かを体感するために行きました。その中でも私が注目したかったことは、トレーニング環境です。例えば、日本のサッカー界では今でも「ウエイトトレーニング」に対して冷ややかな目線で見られることがあると思います。では世界のトップの環境はどうなのか、ということを実際に自分の目で確かめ、また自分の考えとのギャップを確認することは今後に必ず繋がると思いました。

 


 
 

ー海外でどんなことをされたんですか?

 

トレーナーのことだけではなく、クラブの経営や仕組みも学ぶ機会がありました。現場という視点で学んだことは、まず規模が日本とは全然違うということです。例えばチームやスタッフの体制です。全てのカテゴリーにおいて役割分担を細かく行なっていたり、連携を常に密に取れるようにしていたり、あらゆる管理が徹底して行われていました。やっていることとしてはごく当たり前のことと感じられますが、当たり前のことを当たり前に、徹底的に行うことが結果につながっているのだと思いました。

 

 

 

 

 

ー海外に行って1番感じたことは?

 

トレーナーを目指す私が最も重要だと感じたことは「信頼」でした。そんなの当たり前だと感じるかもしれませんが、信頼が持つ”重さ”は自分の想像を超えていました。トレーナーという仕事をする上で関わるのは、選手や監督だけではありません。もちろん、トレーナーとしての技術が優れているというのは言うまでもなく必要で、それと同等もしくはそれ以上に、人としてのあり方や、考え方の部分が重要だと実感しました。

 

 

ー海外経験で良かったことはなんですか?

 

現地の文化や人々に触れることができたのはとても大きな経験になったと思います。今やネットなどでなんでも情報を得ることができますが、こればかりはいくらネットや本で調べても感じることはできないと思いました。「郷に入っては郷に従へ」とあるように、日本との違いを不便に感じるだけではもったいないです。どういう背景で、なぜということを考えてみると面白いと思います。

 

 


 

 

ーこれから海外経験を考えている人たちに向けて、アドバイスを教えて下さい。

 

何よりも大事なのは準備だと思います。なぜ海外に行く必要があるのか、海外に行って何を得てきたいのかを明確化しておくことは重要です。何も目的がないまま行ったとしても経験はできると思います。しかし、準備をしておけば現地に行った時に自分のとるべき行動も明白で、結果が得られたのか得られていないのかも明確になります。そもそも準備がなぜ必要かというと、海外に行った後どうするのかというところにつながります。海外に行くこと自体を目的にしてしまうのではなく、その実績を手段として今後どう活かすのかを準備段階から考えておけば、充実した時間を過ごせると思います。
また、海外経験は何度もできることではないので、異国の地を理解しようとすることも大事だと考えています。グローバル化がますます推進されている今日では、世界のことも知っておくべきです。その土地の生活習慣や宗教、歴史などについて調べてから訪れる、という準備の仕方もあると思います。自分の国のことを知ってもらって悪い気がする人はあまりいないのではないでしょうか。1つの例ですが、そのような小さなきっかけが人をつなげたりしてくれることもあると思います。

 

 

 

 

・プロフィール
秤谷名鷹
法政大学 スポーツ健康学部 3年
1996年7月6日生
幼少期の頃からサッカーに親しみ、大学2年の夏まで約15年間サッカーを経験。
サッカー以外に、合気道、バドミントンも経験。
現在は、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチになることを目指し勉強中。


ジャパンスポーツハブは
スポーツに関する情報・人脈・チャンスを
あなたに繋げます。

スポーツの若い人達を応援したいけど、どこに寄付したらいいのか、
凄い若い子はどんな人がいるのか?どこにいったら会えるのか?
様々なスポーツの情報・人脈・チャンスなどを提供しているコンテンツです。